ノートパソコンのHDDをSSDに交換する方法

ノートパソコンのHDDをSSDに交換する方法

ノートパソコンのHDDをSSDに交換する方法

 ノートパソコンのHDDをSSDに交換すると高速化だけでなく、SSDは軽量なので持ち運びも楽になります。また耐衝撃性も高いので安心です。またSSDはHDDよりも省電力なので、バッテリーの持ちも期待できます。

 こちらのページでは、ノートパソコンのHDDをSSD交換する方法について、
わかりやすく解説しております(^^)


 

いろいろなタイプのノートパソコンがありますが、最近流行っているミニノートブック(ネットブック)のHDDをSSDに交換したいと思います!

交換するSSDは、Intel 80GB SSDです。
インターフェイスはSATAです。定番SSDです(^^)

 

まずPCパーツを触るときの鉄則ですが、すべての電源をOFFにして電流が流れないようにします。ノートパソコンの場合バッテリーが付いていますので、念のため取り外しておきます。バッテリーは簡単に外れるようになっている場合がほとんどです。

 

ノートパソコンの場合は裏面にHDDがある場合が多いですが、たまに側面についている場合もあります。このノートパソコンの場合、裏面にフタがついており、のねじを取り外せばHDDがあります。 (右写真)のような先の小さいドライバーを使います。

フタを外すと左上にHDDと右下にメモリが見えますね。

 

HDDはねじ2本で留まっています。
ねじを外せば後は引き抜くだけでHDDが取り外せます。

 

(左写真)がノートパソコン側の差込口。(右写真)が今回交換するSSDの差込口です。
インターフェイスがSATAですので、L字型をしています。

 

取り外したHDDです。
HDDにはマウンタが取り付けてありますので、これを外します。
側面のねじ計4本で留まっていました。

 

(左写真)マウンタを取り外したところです。 (右写真)のようにSSDに装着します。
SSDはノートパソコン型のHDDと同じ2.5インチなので、ピッタリ収まります。

後は取り外したねじをすべて元通りに取り付け、
HDDが収まっていたところにSSDを差し替えます。
接触不良を起こさないように、しっかりと差し込みましょう!


 以上がノートパソコンのHDDをSSDに交換する方法です。
製品によって少しやり方が違いますが、ほとんど同じ作業です。

SSDに交換した後は普通のHDDと同じように使用できますので、
OSをインストールして、SSDの高性能を体感してください(^v^)

ページの一番上へ>   次のページ→SSDをXPに最適化する
サイトのTOPページへ