SSDの寿命予測・知る方法

SSDの寿命予測・知る方法

SSDの寿命予測・知る方法

 こちらのページでは、SSD寿命予測・知る方法について、
わかりやすく解説しております(^^)


 SSDに使用されているNAND型フラッシュメモリには寿命があります。
寿命がくるとデータの書き込みができなくなります。

しかし最近のSSDは「ウェアレベリング」という機能があり、複数のフラッシュメモリに均等にデータの書き込みをすることで、寿命を延ばすことができるようになっているのですが、それでもどうしても偏りがでてしまい、寿命がくることがあります。

SSDの寿命はだいたい5〜10年といわれていますが、
個体差もありますので、できればもっと正確に寿命を知りたいですよね!

SSDの寿命を知るツールに「JSMonitor」があります!
JSMonitorは、JMicron社製JMF601/JMF602コントローラまたはIndilinx社製Barefootコントローラを搭載したSSDのモニタリングおよび寿命予測を行うソフトウェアです。

寿命が予測される年月日です。
「平均削除回数」と「最高削除回数」になります。

この「平均削除回数」と「最高削除回数」が、最も普及しているMLCタイプのSSDで1万回。SLCタイプのSSDで10万回に近づけば、寿命がきたと判断できます。

JSMonitorは、JMicron社製JMF601/JMF602コントローラIndilinx社製Barefootコントローラを搭載したSSDにしか使えませんが、現在どのコントローラでも使える寿命予測ツールはまだないですが、数年以内には誰か賢い人が作ると思いますので、それまで待ちましょう(笑)


 以上がSSDの寿命予測・知る方法です。

SSDにはデータの書き換え回数に制限がありますので、
こういったツールを使うことで寿命を知ることができます(^^)
※寿命測定ツールはあくまでも目安ということを忘れないでくださいね!

ページの一番上へ>   次のページ→SSDの健康診断
サイトのTOPページへ